ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランの違いを比較!最適なプランの探し方まとめ

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランの違いを比較!料金プランの特徴や割引の適用方法、キャンペーンなどを解説。自分に合った最適なプランの探すガイドをします。

公開日: 2023.12.13

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

ロリポップ!レンタルサーバーの開催中のキャンペーン・クーポン

クーポン・キャンペーンをご利用時は、必ずサーバー各社の公式サイトにて使用条件をご確認ください。

  • キャンペーン

    ロリポップ!レンタルサーバーのfavicon ロリポップ!レンタルサーバーコスパNo.1のロリポップでブログ・ホームページを始めようキャンペーン

    新規契約

    有効期限:2024.6.30まで

ロリポップ!レンタルサーバー料金プラン一覧

本ガイドは、以下のロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを比較・検証し作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

共有レンタルサーバー・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • ロリポップ!レンタルサーバーのエントリープラン
  • 長期利用契約で100円を切る低価格が魅力
CPU共用メモリ共用120GB
¥99 〜
初期費用: ¥0
  • エコノミープランに機能と容量を追加したプラン
  • 長期利用契約で220円と非常に低価格
CPU共用メモリ共用350GB
¥220 〜
初期費用: ¥0
  • 共有タイプの中間プラン
  • スペックを考えるとやや割高
CPU共用メモリ共用450GB
¥440 〜
初期費用: ¥0
  • ロリポップ!レンタルサーバーの定番プラン
  • LiteSpeedサーバーで高速表示が可能
CPU共用メモリ共用500GB
¥550 〜
初期費用: ¥0
  • ハイスピードプランの容量を強化したプラン
  • 代用用は魅力的だが、価格は高め
CPU共用メモリ共用1.2TB
¥2,200 〜
初期費用: ¥0

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを解説

プランごとに機能・容量が異なる

ロリポップ!レンタルサーバーでは、料金プランごとに機能や容量に違いがありますが、プランを選ぶ際に注目したいポイントは以下の3つです。

  1. LiteSpeedサーバー

    ApacheやNginxサーバーよりもPHPを高速表示が可能な「LiteSpeedサーバー」を一部のプランで導入している

  2. MySQLデータベースの有無

    WordPressなどの動的なサイトを運営する際に使う、MySQLデータベースがあるかどうか

  3. ストレージ容量

    サーバーに保存できるストレージの容量

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを選ぶ上で一番重要なのが「LiteSpeedサーバー」を使っているかどうか。ロリポップ!レンタルサーバーが「高速なレンタルサーバー」と言っているのは、このLiteSpeedサーバーを採用したプランのことのため、速度を重視するならLiteSpeedサーバー採用プランを選びましょう。

次に重要になるのがMySQLデータベースの有無。WordPressでは必須になるMySQLデータベースですが、「エコノミープラン」では機能が付与されていません。エコノミープランはこの点に注意が必要です。

最後にチェックしたいのがストレージ容量。ロリポップ!レンタルサーバーのストレージは最低でも100GBとなっているため、一般的なWebサイトの運用であれば問題ない大きさです。ただ、レンタルサーバーを自前のクラウドストレージや、画像や動画の置き場としても使いたい場合はストレージ容量、そしてGBあたりの単価に注目しましょう。

実質月額大きく変わる「長期利用割引」

ロリポップ!レンタルサーバーの契約形態は、毎月払いの「1ヶ月契約」と、複数ヶ月分を先に一括で支払う「長期利用契約」の2種類があります。長期利用契約は、3、6、12、24、36ヶ月の5種類から選ぶことができ、期間が長いほど一ヶ月あたりの料金が安くなります。ただし、途中で解約しても返金はありませんし、途中でプランをアップグレードすることもできません。

そのため、長期利用契約をする際は、「そのプランをどれくらい長く使うのか?」「今後プランアップグレードをしないのか?」という点をしっかりと検討する必要があります。

全プランで10日間の無料お試しがある

ロリポップ!レンタルサーバーには、全プランで10日間の無料お試しが設定されています。10日間の無料お試し期間中は、メール送信などに制限がありますが、性能などに制限はかからないため、

  1. どれくらいの処理速度があるのか?
  2. 管理画面は使いやすいか?
  3. 自分サイトをしっかり使うことができるか?

をチェックすることができます。

ロリポップ!レンタルサーバーの最適なプランの選び方

自分に必要な性能・機能でプランを絞り込もう

まずは自分に必要な性能・機能でプランを絞り込みます。先ほど解説した3点を、ロリポップ!レンタルサーバーのプランで比較すると以下のようになります。

プランLiteSpeedサーバーMySQLデータベースの有無ストレージ容量
エコノミー--120GB
ライト-50個350GB
スタンダード-100個450GB
ハイスピード無制限500GB
エンタープライズ無制限1.2TB

どれくらい必要かは使い方によって異なるので、自分に合ったプランを選択しましょう。

もし、プランで悩んでしまったら、10日間のお試し期間で「ハイスピードプラン」を試してみて、十分すぎると思ったら、本契約をする際にプランを下げるのがベストです。

契約期間を決めよう

自分に最適なプランが決まったら、契約期間を決めます。ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランは、プランによって長期利用割引の割引率が異なります。

各プランの契約期間ごとの割引率は以下の通りです。

プラン1ヶ月3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月
エコノミー¥198¥198(0%)¥198(0%)¥198(0%)¥198(0%)¥99(50%)
ライト¥550¥495(10%)¥462(16%)¥418(24%)¥352(36%)¥220(60%)
スタンダード¥1,100¥1,045(5%)¥935(15%)¥770(30%)¥605(45%)¥440(60%)
ハイスピード¥1,430¥1,320(8%)¥1,210(15%)¥990(31%)¥935(35%)¥550(62%)
エンタープライズ¥2,640¥2,640(0%)¥2,420(8%)¥2,365(10%)¥2,255(15%)¥2,200(17%)

一番割引率が高いのがハイスピードの36ヶ月契約で62%。この価格は一つ下のスタンダードプランの24ヶ月契約よりも安くなります。

逆に、エンタープライズは契約期間に関わらず割引率が低いこともわかります。

これらの割引率と契約期間から、プランを調整しましょう。例えば、スタンダードプランが最適と思っていたとしても、2年以上継続して使うと思ったなら、ハイスピードの36ヶ月プランを契約した方がコスパは良くなります。

ロリポップ!レンタルサーバーのWINGパックの契約のタイミングとキャンペーンのお得な使い方

一番の狙い目は「契約期間延長キャンペーン」

ロリポップ!レンタルサーバーのキャンペーンは、

  1. キャッシュバック
  2. 無料で契約期間延長

という二つのパターンが多いですが、特に狙い目なのが「無料で契約期間延長」。契約期間が無料で伸びるキャンペーンで、お得な時は契約・支払い後に適用するだけで1年契約期間が伸びるケースもあります。

例えば、2年契約の料金で3年分使うことができるということになるため、初期費用を抑えて長期間使うことができます。

契約タイミングはいつでもOK

ロリポップ!レンタルサーバーでは全プランで10日間の無料お試しがありますが、無料期間が終わったら月額料金の支払いが発生します。初月は日割りになる制度になっているため、いつ契約しても問題ありません。

ロリポップ!レンタルサーバーの詳しい情報はこちら

ロリポップ!レンタルサーバーのイメージ共有レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

低価格から中規模まで、幅広いニーズに対応できるロリポップ!レンタルサーバー。低価格で最低一ヶ月から利用できる柔軟な契約体系で、Webサイト運営に必要な機能が全て揃っています。

料金プラン

  • エコノミー
    月額:99円 (初期費用:無料)
  • ライト
    月額:220円 (初期費用:無料)
  • スタンダード
    月額:440円 (初期費用:無料)

他のプランも見る

ポイント

  • 長期割引で月額料金が最安値クラスになる

  • 低価格でも十分な性能のエコノミープランも魅力的

  • サービス更新履歴

詳しく見る

ロリポップ!レンタルサーバーの支払い方法

各支払い方法の請求タイミングや請求タームなどはサービスごとに異なります。契約前に、必ず公式サイトでチェックしてください。

直接払い

使った分のサーバー費用を、都度、直接支払う、ベーシックな支払い方法

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • Paypal
  • ゆうちょ振替
  • WebMoney決済
  • auかんたん決済
  • ドコモ払い