サーバレスアーキテクチャ

無料枠も登場したCloudflare Workers KVまとめ

無料枠も登場したCloudflare Workers KVについて、無料枠の詳細や使い道、実際に使う際の設定方法などをまとめました。

Cloudflare Workers KVとは?

Cloudflare Workers KV

Cloudflareのサーバーレスサービス「Cloudflare Workers」で使えるキー・バリュー型のデータストアです。いわゆるNoSQLデータベースです。

他のNoSQLデータベースと違うところは、Cloudflare Workersと一緒に使うことで、Cloudflareの世界中にある200以上のエッジサーバーでデータを返すことが出来るため、他のデータベースサービスも高速レスポンスを実現できるところでしょう。

Cloudflare Workers KVの無料枠

Cloudflare Workers KVには無料枠があります。

項目 無料枠(1日) 無料枠(30日)
読み込み 100,000 3,000,000
書き込み 1,000 30,000
削除 1,000 30,000
リスト 1,000 30,000
ストレージ 1 GB 1 GB

一日単位で見ると書き込みと削除が1,000回なので大規模サービスでは厳しいですが、中小規模サービスであれば十分です。

読み込みに関しては、日次で10万回、月間で約300万回ですから十分な無料枠が提供されています。

Cloudflare Workers KVの無料枠の使い道

読み込みの枠が多いので、共通の固定データベースなどを置いておくのに使いやすいでしょう。例えば、都道府県一覧や、郵便番号一覧などのデータの変更があまり入らないデータを置いておいて、Cloudflare Workersで稼働させるAPIから高速配信するなどです。

また、バリューの最大枠が25MBまで拡張されたので、ユーザーのローカルに保存しておいたJSONデータなどを丸っと定時でバックアップするサーバーレスAPIとして使うのも使い勝手が良さそうです。

データを丸っとコピーするだけであれば、書き込み回数は1回で済むため中小規模であれば十分な機能ではないでしょうか。

Cloudflare Workers KVの使い方

Cloudflare Workers KVのデータは、wranglerをインストールして、コマンドラインからバケットを作成し、Workerで呼び出して利用します。

wrangler kv:namespace create "バケット名"

バケットは、Cloudflareの管理画面からも作成可能ですし、管理画面ではエントリーを追加することも出来ます。

管理画面からデータストアを操作できる

バケットを作成したら、Workerの設定ファイルであるwrangler.tomlにkv_namespacesを追加すればOKです。

// wrangler.toml

kv_namespaces = [
 {binding = “BUCKET", id = <insert-id-here>}
]

Workerの中では、バケット名で呼び出しが出来るようです。

let txt = await BUCKET.get("my-file")  

簡単ですね。


Cloudflare Workers KVについて見てきました。

無料枠があって高速動作が可能となるとかなり魅力的ですね。Cloudflare Workerと組み合わせることで、ユーザー向けのAPIを作ったりと色々と使い道がありそうなので、ぜひ試してみてください。


価格は記載がある場合を除き、すべて税込みです。

この記事の関連キーワード

サーバレスアーキテクチャの記事