クラウドサーバー

最安値はどこだ!クラウドストレージ大手4社のプランを徹底比較

クラウドストレージ大手4社、Google Drive、OneDrive、Box、Dropboxの料金徹底比較!最安値のクラウドストレージはどこか、1GBあたりのコスパからプランの柔軟性までクラウドストレージ料金体系を徹底分析します。

クラウドストレージの料金まとめ

まずは、大手クラウドストレージ4社の料金プランを比較してみましょう。

容量 Google Drive OneDrive Box Dropbox
2 GB 0円 0円 0円 0円
5 GB 0円 0円 0円 -
10 GB 0円 - 0円 -
15 GB 0円(最安値) - - -
100 GB 250円 224円(最安値) 550円 -
200 GB 380円 - - -
1TB - 1084円 - -
2TB 1,300円(最安値) - - 1,500円
3TB - - - 2,400円
10TB 1,083円 - - -
20TB 2,166円 - - -
30TB 3,250円 - - -
無制限 - - 1,800円(最安値) -

プランの種類はGoogle Driveが一番細かく、100GBプランがボリュームレンジということがわかります。

無料プランで比較する

サービス 容量 月額
Google Drive 15GB 無料
OneDrive 5GB 無料
Box 10GB 無料
Dropbox 2GB 無料

各社ともに無料プランがありますが、

  • 無料プランで一番容量が多いのはGoogle Driveの15GB
  • 無料プランで一番容量が少ないのはDropboxの2GB

となります。

また、無料プランの次のプランにアップグレードした時の価格で比較すると、

サービス 容量 月額
Google Drive 100GB 250円
OneDrive 100GB 224円
Box 100GB 550円
Dropbox 2TB 1500円

Dropboxだけが次のプランがいきなり2TBになりますが、他の3社は無料の次は100GBで最安値はOneDriveの224円でした。

最大容量で比較する

続いて、ストレージの最大容量で比較してみます。

サービス 容量 月額
Google Drive 30TB 3,250円
OneDrive 1TB 1084円
Box 無制限 1,800円
Dropbox 3TB 2,400円

Boxの無制限というのが容量最大でコスパも一番よく、逆にOneDriveやDropboxはGBあたりのコスパが悪いことがわかります。

容量が継続的に増加することが見込まれる用途(常時バックアップやユーザーデータの保存など)のであれば、Google DriveかBoxが良いでしょう。

最安値はどこ?1GBあたりの単価で比較する

続いて、クラウドストレージの1GBあたりの単価で比較してみます。1GBあたりの単価でどのクラウドストレージが最安値かがわかります。

容量 Google Drive OneDrive Box Dropbox
2 GB 0円 0円 0円 0円
5 GB 0円 0円 0円 -
10 GB 0円 - 0円 -
15 GB 0円 - - -
100 GB 2.5円 2.2円 5.5円 -
200 GB 1.9円 - - -
1TB - 1.1円 - -
2TB 0.7円 - - 0.8円
3TB - - - 0.8円
10TB 0.11円 - - -
20TB 0.11円 - - -
30TB 0.11円 - - -
無制限 - - -

無料プランとBoxの無制限プランを除くと、1GBあたりの単価が最安値はGoogle Driveの10TB以上のプランで1GBあたり0.11円。

それ以外では、GBプランでは1GBあたり2円前後が定番で、TBクラスのプランになると1GBあたり1円前後まで価格が下がります。

競合サービスと比較して高めのDropboxですが、ソースネクストが販売するDropbox Pus(2TB/3年契約/月額約1,000円相当)を購入すると、公式よりも20%ほどやすい「1GBあたり約0.5円」になるため、1TB以上10TB未満では最安値になります。

Dropbox Pus

一般的な用途では100GBで十分ですので、100GBプランではOneDriveが最安値で月額224円。OneDriveには200GBプランがないので、100GB以上使うのであれば、Google Driveの200GBプランが月額380円で最安値になります。

まとめると、

  1. 100GBクラス => OneDrive(月額224円)
  2. 1TB以上10TB未満クラス => Dropbox Pus(月額・約1,063円)
  3. 10TB以上クラス => Google Drive(月額・1,083円から)

となります。

料金プランから見た各クラウドストレージの特徴まとめ

サービス 無料枠 最大容量 特徴
Google Drive 15GB 30TB プラン数が多く、広い選択肢で用途を選ばない
1GBあたりのコスパも高い
OneDrive 5GB 1TB プラン数が少ないがコスパは高い
Box 10GB 無制限 下位プランはコスパが悪い
最終的に無制限プランにするのならアリ
Dropbox 2GB 3TB 無料プランの容量が少ない
プラン数は少ないが1GBあたりのコスパは標準的

コスパとプランの柔軟性を考えるとGoogle Driveが無難で、10TB以上利用するようであれば、Boxが使うほどコスパが高くなります。

Google DriveもBoxも無料枠が10GB以上あるため、クラウドストレージとしても導入しやすく、どちらも企業導入実績も多くあるため、使いやすいでしょう。


価格は記載がある場合を除き、すべて税抜きです。

この記事の関連キーワード

クラウドサーバーの記事