Docker

コンテナ仮想化によって、OSレベルでアプリケーション環境をポータブルにすることができるOSS。設定とコンテナイメージを使うことで、様々なプラットフォームで簡単に同じ環境を構築できることから近年利用が拡大しています。