【2024年版】セルフPaaS「Dokku」をHerokuより安く運用できるVPSサービスを徹底比較!

【2024年版】セルフPaaS「Dokku」をHerokuより安く運用できるVPSサービスを徹底比較!

Herokuに似たPaaSシステムを自前で用意できる「Dokku」を簡単構築できるVPSサービスを比較!最適なVPSの選び方と、Herokuより安く運用できるベストなVPSプランを紹介します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.11.29

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

Dokkuを「Herokuより安く」運用できるVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • ストレージがやや弱い
3コア2GB50GB
¥831 〜
初期費用: ¥0
  • キャンペーン時に長期利用契約すると最安値
  • コア数が多く、ストレージ容量が大きい
3コア2GB100GB
¥903 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • 3ヶ月の最低利用期間がある
3コア2GB150GB
¥1,530 〜
初期費用: ¥0

「Dokku(ドック)」とは?

Dokkuは、VPSなどでセルフホストするPaaSシステムです。オープンソースなため、誰でも自由に無料で使うことができます。

Dokkuが人気の理由は、人気PaaSの「Heroku」のようなクラウドプラットフォームを自前の環境で構築でき、アプリケーションのデプロイやスケーリングが手軽に行える点です。特に、Herokuは2022年に無料プランが終了してしまったため、Herokuからの移転先としてDokkuが選ばれています。

DokkuとHerokuの違い

Herokuからの移転を検討している方に向けて、HerokuとDokkuの違いを見てみましょう。

機能DokkuHeroku
料金オープンソースで無料有料プラン
サーバーVPS、クラウドなど自分で選びインストールHerokuが用意
管理・インターフェイスCLI/プラグインでウェブダッシュボードウェブダッシュボードおよびCLIが利用可能
デプロイ方法Git pushやDockerイメージを使用Git pushやHeroku CLIを使用
拡張性プラグインシステムにより柔軟な機能拡張可能Heroku Add-onsを利用して機能を拡張
環境設定.envファイルやDokkuコマンドを使用Heroku Config Varsを使用
スケーリングアプリケーションごとに手動で設定コマンドまたは管理画面で容易にスケーリング可能
データベースサポートプラグインやDockerコンテナで対応可能多くのデータベースが直接統合
カスタムドメインDokku domainsコマンドを使用コマンドや管理画面で設定可能
セキュリティ自前で用意プラットフォーム全体でセキュリティが確保されている

大きな違いは、「実行環境」と「インターフェイス」でしょう。

PaaSとしての実行環境は、HerokuはHerokuが用意する環境で使うしかできませんが、Dokkuは自分でインストールして構築するため、VPSやクラウドなど自由に選ぶことができます。そのため、Herokuよりもコストを削減したり、よりハイスペックなサーバーを使うことができたりと、自由度が高いのがメリットです。

実際にPaaSを運用する上で重要なのが「インターフェイス」。Herokuも基本的にはコマンドライン(Heroku CLI)で使うことが多いですが、中にはWebページの管理画面から設定を行いたいという方もいるでしょう。Dokkuには有志によるGUIプラグインもありますが、やはりHerokuほどの完成度はありません。

Dokkuをセルフホストする際の推奨スペック

Dokkuは最低スペックは「1GBメモリ」と非常に低くなっており、場合によっては1GBメモリ以下でも使うことができます。

System requirements | Dokku

上記のページによると最低・推奨スペックは下記の通りになります。

項目最低スペック推奨スペック
vCPUコア--
メモリ1GB未満も可能1GB以上
ストレージ--
OSバージョンUbuntu 20.04/22.04, Debian 10+ x64Ubuntu 20.04/22.04, Debian 10+ x64

実行環境としては1GB未満のホストでも使えますが、実際にビルド・デプロイをすることを考えると、2GBメモリ以上のマシンの方がストレスなく使うことができるため、本記事では競合比較となるHerokuのStandardプランと同じ「2GBメモリ」のVPSプランを比較対象とします。

Dokkuを簡単セルフホストできるVPSを選ぶ際のポイント

  1. Dokkuテンプレートの有無

    管理画面から一発でDokkuサーバーを立ち上げできるか?

  2. 長期利用を含めた料金

    長期契約も含めてプランがHerokuのStandardプラン(25ドル)より安いか

  3. プランアップグレードが可能か

    規模に合わせてアップグレードが必要になるケースがあります

DokkuはBashで簡単にインストールが可能とはいえ、予期せぬエラー対処などに対処するのは手間がかかります。そのため、DokkuテンプレートがあるVPSを使うのがベストです。

料金については、サイトをホストする機能とビルドする機能の二つが一つになっており、ホストサーバーとしては長期利用するケースが想定されるため、長期利用を含めた料金で比較をしましょう。また、今回は中小規模のサイト運用を想定して、料金はHerokuのStandardプラン(1X = 25ドル/ 2X = 50ドル)と比較をします。

最後に重要なのがプランアップグレードができるかどうか。VPSでDokkuを運用する場合は「Webホスト」と「ビルド・デプロイ」の両方に負荷がかかるため、サイトの規模が大きくなればVPSのスペックアップが必要になります。

プランアップグレードができないVPSだと、再度構築する手間がかかるため、プランアップグレードができるVPSを選びましょう。

ベスト「Dokku」VPSはこれ!

バランス・コスパで選ぶならこのVPS

バランスとコスパがベストXserver VPS 2GBプラン

公式サイト

Xserver VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大30%キャッシュバックキャンペーン(有効期限:2024.6.3まで)

Dokkuテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥830
プランアップグレード

なぜこのプランがベスト?

Dokkuを運用するVPSで「バランスとコスパがベスト」なのは、Xserver VPSの2GBプラン。

Xserver VPSは最新のAMDサーバーに収容しているため「競合比4.9倍の性能(Xserver調べ)」なため、競合VPSサービスの2つくらい上のプランと同等の処理性能があり、ビルド時に比較的重い処理があっても高速処理が可能です。ホストとビルド処理を一つのサーバーで行うDokkuではここは重要なポイントです。

HerokuのStandardプランと比較すると、「Standard 1X(25ドル)」の1/3程度、「Standard 2X(50ドル)」の1/6程度とコスパはよく、ストレスなくDokkuを運用することが可能です。

また、プランアップグレードにも対応しているので、サイトの成長に合わせてアップグレードも可能です。

メリット・デメリット

メリット
  • 最新のAMDサーバーで競合比4.9倍の性能
  • 処理性能で考えたらコスパはNo.1
デメリット
  • 長期利用割引が大きくない

最安値で選ぶならこのVPS

価格が最安値ConoHa VPS 2GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF 新緑キャンペーン(有効期限:2024.6.6まで)

Dokkuテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥903
プランアップグレード

なぜこのプランがベスト?

Dokkuを始める際に「無料とは言わないけど、とにかく安くしたい」という方はConoHa VPSの2GBプランが良いでしょう。スペックも3コア・2GBメモリと十分なのに、キャンペーン時に長期利用契約をすれば最安値になり、レンタルサーバー並みの価格になります。

HerokuのStandardプランと比較すると、「Standard 1X(25ドル)」の1/5、「Standard 2X(50ドル)」の1/10と非常にコスパが高くなります。

ConoHa VPSは長期利用契約をしていても、差額を支払うことでプランアップグレードが可能なため、安心して長期利用できます。

メリット・デメリット

メリット
  • キャンペーン時に長期利用契約で500円未満と驚異的な低価格
  • ストレージが100GBと多い
  • GB単価も最安値
デメリット
  • 単月契約が高い

このガイドで紹介したVPS

  • ConoHa VPSのイメージ

    ConoHa VPS

    「時間料金」「豊富なテンプレート簡単立ち上げ」など、他社サービスに先行してVPSをより使いやすくしたVPSサービス「Conoha VPS」。登録アカウント数が55万人を突破し、名実共に国内VPSベンダーの中でも人気上位VPSとなっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • Xserver VPSのイメージ

    Xserver VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「Xserver VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト