【2024年版】無制限で使い放題!「Jitsi Meet」を安く運用できるVPSサービスを徹底比較!

【2024年版】無制限で使い放題!「Jitsi Meet」を安く運用できるVPSサービスを徹底比較!

無制限で使い放題できるオンラインビデオ会議OSSである「Jitsi Meet」を安く運用できるVPSサービスを徹底比較!選ぶ際のポイントを元に、プランを比較してベストプランを紹介します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.12.1

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

Jitsi Meetを安く運用できるVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • 単月契約で最安値
  • ストレージが30GBと少ない
4コア4GB30GB
¥1,540 〜
初期費用: ¥0
  • 単月契約で価格とスペックのバランスが良い
  • 回線速度が500Mbps上限
4コア4GB80GB
¥1,630 〜
初期費用: ¥0
  • ストレージ増強プラン
  • GB単価は安い
4コア4GB80GB
¥1,650 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • ストレージ容量が大きい
4コア4GB100GB
¥1,700 〜
初期費用: ¥0
  • キャンペーン時に長期利用契約すると最安値
  • ストレージ容量が大きいため録画もたくさんできる
4コア4GB100GB
¥1,860 〜
初期費用: ¥0
  • バランスは良いが価格が高め
  • 14日間のお試し期間がある
4コア4GB100GB
¥3,001 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • 3ヶ月の最低利用期間がある
4コア4GB200GB
¥3,091 〜
初期費用: ¥0
  • 安定と信頼性の高いVPS
  • 価格はやや高いがストレージが多め
4コア4GB200GB
¥3,226 〜
初期費用: ¥0
  • 安定と信頼性の高いVPS
  • ストレージが400GBでGB単価が安い
4コア4GB400GB
¥3,398 〜
初期費用: ¥5,410
  • メモリが8GBだが価格が他社の倍になる
  • 回線速度が共有10Gbpsと超高速
4コア8GB100GB
¥8,900 〜
初期費用: ¥0
  • メモリが16GBと多いが価格も高い
  • 回線速度が共有10Gbpsと超高速
4コア16GB100GB
¥14,500 〜
初期費用: ¥0

「Jitsi Meet(ジッチ・ミート)」とは?

Jitsi Meet(ジッチ・ミート)は、セルフホストサーバーで運用することが出来る、ZoomライクなオンラインWeb会議システムです。

Jitsi Meet自体は、Jitsiが運営するサーバーで利用することも可能ですが、OSSとして開発されているため、セルフホストをして運用することも可能です。

Jitsi Meetをセルフホストサーバーで使うメリットは?

Jitsiが運営するサーバーも十分にセキュアですが、セルフホストサーバーでJitsi Meetを運用することで、会議の音声や映像が第三者に漏れるリスクを軽減することができます。ここが、Jitsi Meetをセルフホストサーバーで使う最大のメリットでしょう。

Jitsi Meetは会議リンクさえ知っていれば、誰でも会議に参加できますが、セルフホストサーバーであれば、社内IPアドレス以外のアクセスを禁止したり、VPN経由でないとNGにしたりと、細かいセキュリティをサーバー側で設定可能です。

また、セルフホスト版であれば、会議の画面や機能をカスタマイズすることができます。

Jitsi MeetとZoomの違い

オンライン会議システムとしてはZoomが一般的ですが、Jitsi Meetとの違いを比較してみましょう。

ZoomはZoom Oneのプロプラン、無料プランと比較します。

機能Jitsi MeetJitsi Meet(OSS)Zoom(プロプラン)Zoom(無料プラン)
提供方法クラウド自身のサーバーにインストールクラウドクラウド
料金(月額)無料無料¥2,125/ユーザー無料
アカウント登録不要不要必要必要
専用アプリ不要不要必要必要
会議時間無制限無制限最大30時間最大40分
参加人数無制限無制限100人まで100人まで
会議の録画⚪︎
(ローカル保存,1GB/100分まで)
⚪︎
(サーバー保存)
⚪︎
(ローカル/5GBのクラウド)
⚪︎
(ローカル保存)

参考:プランと料金 | Zoom

最大の違いは、料金と会議時間、会議の録画機能でしょう。

料金は、Zoomの課金プラン以外は無料ですが、会議時間と会議の録画に制限があります。

特に大きいのがZoomの無料プランの会議時間40分という制限。簡単な会議なら40分で終わりますが、Zoomでそれ以上使うとなると課金プランが必要です。Zoomの課金プランはユーザー単位の月額料金になるため、チームや社員全員が課金プランに入るとかなりのコストになります。Jitsi Meetは会議時間は無制限です。

また、会議の録画機能についても大きな違いがあります。無料版はどれもローカル保存形式になっていますが、セルフホストのJitsi Meetはサーバーに保存するため、保存した動画ファイルをユーザーで簡単にシェアできます。

Jitsi Meetをセルフホストする際の推奨スペック

Jitsi Meet・OSS版の最低スペックは「4コア・4GBメモリ」と意外と高スペックを要求されます。ただし、4コア・4GBメモリのVPSは現在は低価格でレンタルが可能なので、Zoomの課金をするよりも圧倒的に低コストです。

Requirements | Jitsi Meet Handbook

上記のページによると最低・推奨スペックは下記の通りになります。

項目最低スペック推奨スペック
vCPUコア4コア4コア
メモリ2GB4GB以上
ストレージ20GB20GB
ネットワーク10Mbps以上1Gbps以上

重要なのはネットワーク回線で、ここはビデオ会議という特性上「参加するユーザーの数」によって必要回線が異なります。例えば、HDサイズのビデオ会議で占有する帯域が10Mbpsとなるため、100Mbpsの回線ではHD画質では10人の会議参加が最大です。ここは画質を落とすなどの調整も必要でしょう。また、会議の録画をする場合は、メモリは8GB以上が推奨されます。

なお、Jitsi MeetはJibriという機能を使って会議の録画をしていますが、これは「1インスタンスあたり1録画」という制限があるため、企業などで複数会議を同時録画する場合は、Dockerを使ったクラスタリングが必要です。

Jitsi Meetを簡単セルフホストできるVPSを選ぶ際のポイント

  1. Jitsi Meetテンプレートの有無

    管理画面から一発でJitsi Meetサーバーを立ち上げできるか?

  2. 長期利用を含めた料金

    長期契約も含めたプランが安いか

  3. ネットワーク速度

    VPSのバックエンド回線の速度

Jitsi MeetのOSS版は、ネットワーク設定など意外と手間となる&専門知識が必要な部分があるため、テンプレートから起動できるのがベストです。料金については、チームや企業で使う場合はある程度の長期間利用することが多いため、長期利用割引も含めた価格で比較をしましょう。

また、先ほど解説した通り、Jitsi MeetのOSS版ではネットワーク速度も非常に重要です。同時利用人数(ユーザー数ではなく)が多いのであれば、できるだけ高速な回線を利用しましょう。

上記の比較ポイントに加えて、今回は「Jitsi MeetのOSS版のスタートアップVPS」として、Jitsi MeetのOSS版推奨スペックである「4コア・4GBメモリ」のプランで比較をします。

VPSサービスごとのネットワーク回線速度とJitsi Meetテンプレートの有無|

Jitsi Meetを自社サーバー運用する上でネットワーク速度が非常に重要になるため、ここではVPS各社4コア(4GBメモリ以上)プランの回線速度を比較します。

VPSサービスインターネット回線速度Jitsi Meetテンプレート
WebArena Indigo Pro共用10Gbps-
WebArena Indigo共用500Mbps上限-
Xserver VPS共有10Gbps/100Mbps上限⚪︎
シン・VPS共有10Gbps(上限不明)⚪︎
ConoHa VPS共有100Mbps⚪︎
さくらのVPS共有100Mbps-
お名前.comVPS共有100Mbps-
KAGOYAクラウド VPS非公開⚪︎

回線速度が一番速いのはWebArena Indigo Proで共有10Gbps回線で上限設定なし。次に、WebArena Indigoの500Mbps、Xserver VPSの「共有10Gbps/100Mbps上限」が続く形です。

それ以外は概ね100Mbps程度となります。

ベスト「Jitsi Meet」VPSはこれ!

バランス・コスパで選ぶならこのVPS

バランスとコスパがベストWebARENA Indigo 4GBプラン

公式サイト

WebARENA Indigoのイメージ

公式サイト

キャンペーン

新規登録ユーザー限定!500円お試しクーポン(有効期限:2099.12.31まで)

Jitsi Meetテンプレートの有無
x
長期利用を含めた料金
¥1,630
ネットワーク速度
500Mbps上限(共有)

なぜこのプランがベスト?

Jitsi Meetを運用するVPSで「バランスとコスパがベスト」なのは、WebArena Indigoの4GBプラン。最大のメリットは、低価格VPSなのに回線速度が500Mbps上限という点。HD画質のビデオ会議でもスペック上は50人未満まで利用できるため、同時会議人数が40人程度、ユーザー数が数百人くらいまでカバーできると考えると、月額費用のコスパは最強です。

ネックとしては長期利用割引がない点とJitsi Meetテンプレートがない点ですが、それを差し引いてもZoomのプロプランに数十人が加入するコストを考えたら、十分お釣りが来るでしょう。

メリット・デメリット

メリット
  • 500Mbps上限回線で月額2,000円未満
  • ストレージ容量が多い
デメリット
  • 長期利用割引がない

回線速度で選ぶならこのVPS

バランスとコスパがベストWebARENA IndigoPro 8GBプラン

公式サイト

WebARENA IndigoProのイメージ

公式サイト

キャンペーン

10,000円分お試しクーポン(有効期限:2099.12.31まで)

Jitsi Meetテンプレートの有無
x
長期利用を含めた料金
¥8,900
ネットワーク速度
共有10Gbps

なぜこのプランがベスト?

回線速度が速い。同時に複数会議を実施して、トータルユーザーが100人くらいまでは捌けるクラスなので、リモートワークを活用する中規模企業以上での利用に最適。長期利用割引がなく料金は高いですが、100人以上で利用すると考えると、一人当たりの月額料金は1,000円未満。Zoomのプロプランと比較するとコスパは圧倒的に高くなります。

Jitsi Meetテンプレートは用意されていないので、専門知識があるユーザー向けです。

メリット・デメリット

メリット
  • 回線速度が国内最速クラスの共有10Gbps
  • メモリが8GBと多い
デメリット
  • 長期利用割引がなく、価格が高い

最安値で選ぶならこのVPS

価格がベストConoHa VPS 4GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF Early Springキャンペーン(有効期限:2024.3.14まで)

Jitsi Meetテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥1,860
ネットワーク速度
共有100Mbps

なぜこのプランがベスト?

Jitsi Meetを運用するVPSで最安値なのは、ConoHa VPSの4GBプラン。キャンペーンを利用して長期利用契約をすると、最安値になります。

ただし、回線速度が100Mbpsという点、Jitsi Meetのテンプレートがあり、価格が安いという点を考慮すると、小規模チームに最適なプランというイメージでしょう。

メリット・デメリット

メリット
  • キャンペーン時に長期利用契約で1,000円を切る圧倒的低コスト
  • ストレージ容量が多い
デメリット
  • 回線速度が遅い

このガイドで紹介したVPS

  • ConoHa VPSのイメージ

    ConoHa VPS

    「時間料金」「豊富なテンプレート簡単立ち上げ」など、他社サービスに先行してVPSをより使いやすくしたVPSサービス「Conoha VPS」。登録アカウント数が55万人を突破し、名実共に国内VPSベンダーの中でも人気上位VPSとなっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • WebARENA IndigoProのイメージ

    WebARENA IndigoPro

    格安VPSサービスWebARENA Indigoの上位VPSサーバーサービスが「IndigoPro」。10Gbpsの国内最高速回線を採用するなど、ハイスペックなVPSになっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • WebARENA Indigoのイメージ

    WebARENA Indigo

    国内の大手サーバーベンダーであるNTTPCコミュニケーションズが手がけるVPSサービス。VPSサーバーとして必要な機能に絞り込むことで、国内最安値クラスの料金を実現しつつ、安定して使いやすいVPSサーバーになっています。

    もっと詳しく公式サイト