【2024年版】クラウド・ストレージOSS「Nextcloud」を簡単構築できるVPSサービスを徹底比較!

【2024年版】クラウド・ストレージOSS「Nextcloud」を簡単構築できるVPSサービスを徹底比較!

大手クラウドストレージよりも自由があり、使い方次第でコストを数分の一まで削減できるクラウド・ストレージOSS「Nextcloud」。構築が意外と手間ですが、「秒で構築」も可能なVPSサービスを比較します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.11.1

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

Nextcloudを「秒」で構築できるVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • 長期割引なしで最安値だが、コア数とストレージが少ない
  • クラウドに近い機能がある
2コア2GB25GB
¥660 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • ストレージがやや弱い
3コア2GB50GB
¥831 〜
初期費用: ¥0
  • キャンペーン時に長期利用契約で最安値
  • コア数が多く、ストレージ容量が大きい
3コア2GB100GB
¥903 〜
初期費用: ¥0
  • コア数とメモリは標準だがストレージが少ない
  • クラウドに近い機能がある
3コア2GB30GB
¥979 〜
初期費用: ¥0
  • ストレージ強化プランだが、GB単価が高い
  • クラウドに近い機能がある
3コア2GB50GB
¥1,100 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • 3ヶ月の最低利用期間がある
3コア2GB150GB
¥1,530 〜
初期費用: ¥0

「Nextcloud(ネクストクラウド)」とは?

Nextcloud(ネクストクラウド)は、オープンソースのクラウド・ストレージアプリでサーバーにインストールすることで、Google DriveやDropboxのようなクラウドストレージを自分でホストすることができます。

Nextcloudのメイン画面

上の画像は、Nextcloudのメイン画面ですが、見た目的にも大手クラウドストレージに近く、使い勝手も同様。頻繁にアップデートがあり、機能がどんどん追加されています。

Nextcloudを使うメリット

Nextcloudを使う最大のメリットは、クラウドストレージの利用コストの削減です。

大手クラウドストレージは、「ユーザー数 x 月額料金」の料金がかかるため少人数ならそこまで大きなコストになりませんが、100人を超えると年間で数十万円になり、意外と大きなコストを生みます。

VPSであれば、人数が増えてもストレージ容量さえ残っていれば月額料金は同じなので、最大で大手クラウドストレージの1/10程度のコストで運用することも可能です。

NextcloudはVPSでホストする方が良い理由

Nextcloudはレンタルサーバーでも運用可能なほど軽量なOSSで、実際に幾つかの国内レンタルサーバーでもNextcloudの簡単インストールに対応しています。ただ、あえてVPSを選ぶのはアップグレードできるプランが幅広いという点です。

レンタルサーバーではプランは5つほどですが、VPSなら10個以上のプランを用意するサービスがほとんどなため、規模に合わせて細かいスペック調整が可能です。レンタルサーバーの最上位プランになるとVPSのミドルグレードくらいのコストがかかるため、コスト削減にもなります。

また、規模が大きくなってアクセスするユーザーが増えると、サーバーへの負荷も大きくなってレンタルサーバーで運用が難しくなる可能性があります。

実際にNextcloudを5年近く自社クラウドストレージとして運用している筆者の体感では、レンタルサーバーで運用できるのは10人程度まで。それ以上なら確実にVPSがベストです。

Nextcloudをセルフホストする際の推奨スペック

Nextcloudはレンタルサーバーでも運用可能なくらい軽量なOSSとなっているため、推奨スペックもかなり低め。

System requirements | Nextcloud

上記のページによると最低・推奨スペックは下記の通りになります。

項目最低スペック推奨スペック
vCPUコア--
メモリ512MB1GB
ストレージ--
PHPバージョン7.3, 7.4, 8.08.0

基本的にはPHPさえ動いていれば問題ないというレベルですが、実運用をしている筆者の実感からすると、最低メモリの512MBでは動作が重くなるので、できれば推奨スペックの1GBメモリ以上が欲しいところ。あとは、同時アクセスするユーザー数がどれくらいいるかで変わってきますが、この辺りはプランアップグレードで対処すれば良いでしょう。

Nextcloudを簡単セルフホストできるVPSを選ぶ際のポイント

  1. Nextcloudテンプレートの有無

    管理画面から一発でNextcloudサーバーを立ち上げできるか?

  2. 長期利用を含めた料金

    長期契約も含めてプランが大手クラウドストレージよりも安くなるか

  3. GBあたりの単価

    ストレージとして使うため、GBあたりの単価が安いほど良い

Nextcloudはインストーラーから簡単インストールが可能ですが、MySQLなどデータベースの構築もあるため、NextcloudテンプレートがあるVPSを選びましょう。トラブルも少なく、数クリックでNextcloudサーバーが構築ができます。

スペック面では、本記事ではNextcloudの推奨スペック以上の2GBメモリのVPSプランで比較をしていますが、これはVPSでは2GBがもっとコスパが良いためです。一つ下の1GBプランにしても100円程度しか料金は変わらないため、2GBプランがオススメです。

VPSはプラン変更が可能なので、規模に合わせて後からアップグレードするとして、2GBメモリのVPSプランは「スタートプラン」として考えましょう。

クラウドストレージが一般的なVPSサーバーと違うのは、長期利用するケースがほとんどということです。急成長中の企業は別として、一般的な会社は年に数十人もユーザーが増えることは多くないですから、同じプランを1年以上使うことが多くなります。そうなると料金は長期利用契約時の料金で比較すべきでしょう。

また、Nextcloudはクラウドストレージなので、ストレージのGB単価も重要。ストレージがなるべく安く、スペックが高いプランを選ぶのが、低コストで安定運用するコツです。

ベスト「Nextcloud」VPSはこれ!

バランス・コスパで選ぶならこのVPS

バランスとコスパがベストConoHa VPS 2GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF 新緑キャンペーン(有効期限:2024.6.6まで)

Nextcloudテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥484
GBあたりの単価
¥4

なぜこのプランがベスト?

ベストプランはConoHa VPSの2GBプラン。スペックも3コア・2GBメモリと十分で、何よりもストレージが100GBと大きいのが嬉しいポイント。ユーザーあたり10GBで10人をで使えるため、一人当たりのコストは50円未満と、ほぼ最強なNextcloud用VPSです。

ConoHa VPSは長期利用契約をしていても、差額を支払うことでプランアップグレードが可能なため、安心して長期利用できます。

メリット・デメリット

メリット
  • キャンペーン時に長期利用契約で500円未満と驚異的な低価格
  • ストレージが100GBと多い
  • GB単価も最安値
デメリット
  • 単月契約が高い

処理性能で選ぶならこのVPS

処理性能がベストXserver VPS 2GBプラン

公式サイト

Xserver VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大30%キャッシュバックキャンペーン(有効期限:2024.6.3まで)

Nextcloudテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥830
GBあたりの単価
¥16

なぜこのプランがベスト?

処理性能で選ぶならXserver VPSの2GBプランがベスト。最新のAMDサーバーに収容しているため「競合比4.9倍の性能(Xserver調べ)」なため、競合VPSサービスの2つくらい上のプランと同等の処理性能があります。

ストレージは50GBと多くないため、2GBプランにストレージ拡張オプションをつけて運用するの◎。

メリット・デメリット

メリット
  • 最新のAMDサーバーで競合比4.9倍の性能
  • 処理性能で考えたらコスパはNo.1
デメリット
  • ストレージが50GBとやや少ない

単月契約の最安値で選ぶならこのVPS

単月契約の最安値KAGOYAクラウド VPS 2コア/2GB/25GBプラン

公式サイト

KAGOYAクラウド VPSのイメージ

公式サイト

Nextcloudテンプレートの有無
長期利用を含めた料金
¥660
GBあたりの単価
¥26

なぜこのプランがベスト?

とりあえず、NextcloudをVPSで運用してみたい、ユーザー数が急拡大しそうという場合は、単月契約の最安値のKAGOYAクラウド VPS「2コア/2GB/25GBプラン」がベスト。

スペックがやや弱く、長期利用割引がないというデメリットがありますが、クラウドに近い拡張性で細かいカスタマイズができる点と、「ストレージ容量が同じかそれ以上であれば、プラン・ダウングレードもできる」という自由度も嬉しいポイントです。

メリット・デメリット

メリット
  • 単月契約で競合の長期利用契約に近い価格
  • クラウドに近い拡張性で、長期的に使う際に使い勝手が良い
デメリット
  • コア数が2コア
  • ストレージが25GBと少ない
  • 長期利用割引がない

このガイドで紹介したVPS

  • ConoHa VPSのイメージ

    ConoHa VPS

    「時間料金」「豊富なテンプレート簡単立ち上げ」など、他社サービスに先行してVPSをより使いやすくしたVPSサービス「Conoha VPS」。登録アカウント数が55万人を突破し、名実共に国内VPSベンダーの中でも人気上位VPSとなっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • KAGOYAクラウド VPSのイメージ

    KAGOYAクラウド VPS

    国内大手サーバーベンダーのカゴヤが手がけるVPSサーバー「KAGOYAクラウド VPS」。月額550円のハイコスパプランから12コアvCPUのハイスペックプランまであり、拡張性も高いことからライトユースから本格利用まで幅広く対応できます。

    もっと詳しく公式サイト

  • シン・VPSのイメージ

    シン・VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「シン・VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト

  • Xserver VPSのイメージ

    Xserver VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「Xserver VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト