共有レンタルサーバー

話題のWebサーバーLiteSpeedとは?特徴やインストール方法まとめ

従来のサーバーに比べて圧倒的に速いと話題のWebサーバーLiteSpeed。LiteSpeedの特徴やインストール方法をまとめました。

LiteSpeedとは

LiteSpeedは、LiteSpeed Technologies社が開発しているWebサーバーアプリケーション。エンタープライズ版は有料ですが、誰でも使える無料版も用意されています。

LiteSpeed公式サイト

レンタルサーバーでもVPSでもクラウドサーバーでも、サーバーでWebサイトを表示させるのは、サーバー側にWebサーバーアプリをインストールする必要があり、これまでは、

  • Apache
  • IIS(Internet Information Services)
  • Nginx

という3つのWebサーバーアプリが主流でした。最近になってLiteSpeedの高速さが評価され、「第4のWebサーバー」などと呼ばれて、レンタルサーバーなどにも採用するサービスが出てきました。

かつてはLinux OSを採用採用したサーバーでは、Apacheが使われることがほとんどでしたが、高速動作が特徴のNginxが登場すると、「Nginxは速い」ということで、独自でサーバーを立てるユーザーの中ではNginxが定番となり、高速を売りにするレンタルサーバーでもNginxが採用されるところが多くなっています。

そんな中、Nginxよりもさらに高速・軽量を売りにしたのがLitespeedです。

LiteSpeedの特徴

ApacheやNginxより高速

まず、LiteSpeedの一番の特徴は、高速さです。公式ページでは、Webアプリで定番のPHPを表示させるのに、ApacheのモジュールPHPより52%高速、nginxより75%高速、WordPressサイトに至っては、Apacheより74.9倍、Nginxより約10倍高速と言われています。(公式サイトより)

WordPressの例はかなり極端なので、LiteSpeed専用のキャッシュプラグインを使用したケースがだとは思いますが、それでもApacheのサーバーよりも高速なのは確かなようです。

.htaccessなどApacheの設定がそのまま使える

LiteSpeedはApacheと上位相互となっているため、.htaccessなどのApache用の設定がそのまま使えます。つまり、WebサーバーをApacheからLiteSpeedに切り替えるだけで、高速なサーバーが手に入るということです。

WordPressやLaravel、Drupalなどの人気フレームワーク向けの公式プラグインが用意されている

LiteSpeedの機能を最大限に活用するための人気フレームワーク向けのプラグインが用意されています。

  • WordPress Plugin
  • MediaWiki Plugin
  • Drupal Plugin
  • Joomla Plugin
  • OpenCart Extension
  • Laravel Extension

プラグインの一覧を見てもわかるように、PHP向けのものばかりですね。

Open Source | LiteSpeed

LiteSpeedの使い方

クラウドサーバー・VPSの場合

LiteSpeedは、Linux OS向けにオープンソースとして公開されているので、各OSごとの公式レポジトリを使ってインストールが可能です。

# CentOS

rpm -Uvh http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed-repo-1.1-1.el7.noarch.rpm

yum -y install openlitespeed
# Ubuntu

wget -O - http://rpms.litespeedtech.com/debian/enable_lst_debian_repo.sh | bash

apt install openlitespeed

レンタルサーバーの場合

レンタルサーバーの場合、Webサーバーアプリケーションの選択はサーバー提供会社にあるので、ユーザーでできるのは「LiteSpeed採用レンタルサーバーを選ぶ」ということだけです。

有名どころでいうと、ロリポップのハイスピードプランがLiteSpeedを採用しています。


話題のWebサーバーLiteSpeedの特徴やインストール方法を見てきました。

レンタルサーバーユーザーの方は、現状選択肢が少ないところですが、数年前まではレンタルサーバーにNginxを採用しているところも少なかったので、この先数年でLiteSpeedが定番化するということもあるかもしれません。

いち早くLiteSpeedを体験したいという方は、LiteSpeed採用サーバーをレンタルするか、VPSやクラウドサーバーに自身でインストールして使ってみてください。


価格は記載がある場合を除き、すべて税込みです。

この記事の関連キーワード

共有レンタルサーバーの記事