共有レンタルサーバー

超スペックアップされたコアサーバーの「V2プラン」を徹底解説

コアサーバーのV2プランを徹底解説!従来のV1プラントの違いや、V1プランから乗り換えるべきかなどをまとめました。

コアサーバーのV2プランの詳細

まずは、コアサーバーのV2プランについて詳しく見てみましょう。

項目 CORE-X CORE-Y CORE-Z
月額 380円/月~ 680円/月~ 1,880円/月~
ディスク容量 300GB 500GB 800GB
CPU割当 300% 600% 1200%
メモリ割当 6GB 9GB 12GB
転送量目安/月 10TB 20TB 30TB

月額料金は、36ヶ月契約でCORE-Xの380円が最安値、ディスク容量は300GBから800GBまでと大容量で、転送料も10TBから30TBと十分な量になっています。

驚くべきは、レンタルサーバーなのに、CPUとメモリの割り当てがあること。他のレンタルサーバーではCPUとメモリは共有ですが、コアサーバーのV2プランでは「割り当て」とあるので、割り当てられたリソース分は使えるものと思われます。

ただ、レンタルサーバーなので、そもそもメモリやCPUの最適化ができるわけでもないので、あくまで「リソースが確保されている分安定する」というイメージでしょう。

コアサーバーの従来のプランとの違い

コアサーバーの従来プラン(V1)との違いは主に5つです。

項目 V2 v1
転送量 10~30TB 無制限
ストレージ NVMe SSD SSD
マルチリージョンバックアップ 後日提供
リソース割り当て x
長期割 12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月 3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月

まず、V2の方が月額料金は高くなっています。

全体的にV2の方がハイスペックになっていますが、転送料だけはV1が無制限なので上です。

また、V1は3ヶ月契約から長期割が効いて12ヶ月で最大割引になりますが、V2は長期割が12ヶ月契約からで最大割引は36ヶ月とかなり長い期間になっています。3年というとその間にサイトの状況も変わるので、この辺りは少しリスキーです。

複数のリージョンでバックアップする機能がV2ではまだ提供されていませんが、これは後日提供開始とのことです。

コアサーバーの従来のプランからV2プランに乗り換えるべきか?

コアサーバーV2はスペックアップした上位グレードのプランなので、現在コアサーバーV1プランで問題ない方は、特別乗り換える必要はないでしょう。月額料金が上がって、長期割も12ヶ月以上になる以上、乗り換えのメリットは余りません。

もし、現在のV1プランでスペック不足、スピード不足を感じているのであれば、V1プランの上位プランにアップグレードするくらいなら、V2プランの「CORE-X」プランに乗り換えてみて、徐々にプランアップグレードするのもありです。

コアサーバーV2プランでWordPressサイトは高速化できるか?

WordPressサイトを運用している場合は、WordPressはかなりメモリを使うフレームワークなので、メモリ割り当てが増えることで高速化は見込めます。

ただし、WordPressサイトの場合は、データベースサーバーの速度も重要になるので、Webサーバー側のリソース割り当てがされても、データベースが巨大になっているWordPressサイトの場合は、高速化できるかは不透明です。


コアサーバーのV2プランについて見てきました。

全体的にかなりアップグレードされたプランで、サイトの高速化などが期待できる一方で、これまでのコアーサーバーのプランと比較すると料金が高くなっているため、利用する際は慎重に決めるようにしましょう。


価格は記載がある場合を除き、すべて税抜きです。

この記事の関連キーワード

共有レンタルサーバーの記事