【2024年4月版】 無料お試しがある共有レンタルサーバーまとめ

「無料お試し」が可能な共有レンタルサーバーと、一番お得に契約できる「お試し開始時期」について徹底解説します。

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

無料お試しがある共有レンタルサーバー

サービス名詳細お試しタイプキャンペーン公式サイト
さくらのレンタルサーバーさくらのレンタルサーバー14日間期間指定公式サイト
スターサーバースターサーバー14日間期間指定公式サイト
コアサーバーコアサーバー30日間期間指定公式サイト
XREAXREA10日間期間指定公式サイト
ロリポップ!レンタルサーバーロリポップ!レンタルサーバー10日間期間指定公式サイト
バリューサーバーバリューサーバー10日間期間指定公式サイト
Xserverレンタルサーバー Xserverレンタルサーバー 10日間期間指定公式サイト
Xserverビジネス Xserverビジネス 10日間期間指定公式サイト
シン・レンタルサーバー シン・レンタルサーバー 10日間期間指定公式サイト

共有レンタルサーバーの無料お試しを利用する際のポイント

共有レンタルサーバーの無料お試しを使う際のポイント

共有レンタルサーバーの無料お試しは、基本的に契約前の一定期間を無料期間とする「期間型・お試し」です。VPSによくあるクレジット付与型がほぼないため、無料期間にだけ気をつけておけば、完全無料でお試しすることができます。

無料お試しの内容はサービスによって異なりますが、基本的には本契約と同じ環境を使うことができます。お試し期間中はメールアドレスの登録ができないなど、一定の制限を設けているサービスもあるので、あらかじめチェックしてから無料お試しを始めましょう。

また、共有レンタルサーバーの無料お試しは、「クレジットカード支払い」を条件としているケースも多いため、クレジットカードを持っていない方は、準備しておくと良いでしょう。

本契約時の「初月支払い」次第でお試し最初のコスパが異なる

共有レンタルサーバーの無料お試し期間はサービスによって異なりますが、概ね10日から30日間に設定されています。無料お試しが終了したら、

  1. 登録した支払い方法で本契約に自動移行
  2. 本契約支払いをする

のどちらかのパターンで本契約に移行します。この時に注意したいのが「契約初月の支払い」です。

サービスよって、

  1. 初月無料
  2. 初月は日割り
  3. 初月も通常通り支払い

というパターンがあります。どれになるかによってコスパがかなり変わってきます。

例えば、15日から14日間の無料お試しをして本契約をすると、

  1. 初月無料: 2日だけ無料
  2. 初月は日割り: 2日分の料金だけ支払う
  3. 初月も通常通り支払い: 2日だけなのに一ヶ月分支払う

ということになり、初月のコスパが大きく変わってきます。そのため、契約したいレンタルサーバーの初月支払いのルールは事前に確認しておきましょう。

おすすめの「お試し開始時期」

初月支払いパターンごとに、「無料お試しを始めるタイミング」は以下のようになります。

  1. 初月無料: 月初に無料お試し終わるのがベスト
  2. 初月は日割り: いつ初めてもOK
  3. 初月も通常通り支払い: 月初に無料お試し終わるのがベスト

基本的には「月初に無料お試し終わる」としては、どのパターンにも対処できます。

無料お試し期間ごとの「おすすめ開始時期」は以下のようになります。

お試し日数おすすめ開始時期
10日毎月21日頃
14日毎月17日頃
30日毎月1日頃