カゴヤ ジャパンのサーバー

KAGOYA レンタルサーバーのイメージ

KAGOYA レンタルサーバー

KAGOYA JAPANが運営する共有レンタルサーバー。2023年に大幅リニューアルをし、VPSに近い「専用レンタルサーバー」として生まれ変わっています。

公式サイト

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

KAGOYA レンタルサーバーのキャンペーン・クーポン

クーポン・キャンペーンをご利用時は、必ずサーバー各社の公式サイトにて使用条件をご確認ください。

KAGOYA レンタルサーバーの特徴

大幅リニューアルでVPSに近い「専用レンタルサーバー」に

サーバーを占有することで圧倒的な処理速度を実現

従来のKAGOYA レンタルサーバーはサーバーリソースをユーザーで共有するタイプのレンタルサーバーでしたが、2023年10月のサービス・リニューアルで「専用タイプ」にアップグレード。占有方法はプランによって、「仮想専用(ライトプラン)」と「物理専用(ベーシックプラン、ハイエンドプラン)」に分かれます。

「仮想専用(ライトプラン)」では、VPSと同じくvCPUコアとメモリをユーザーが占有、「物理専用(ベーシックプラン、ハイエンドプラン)」では一台の物理サーバーを占有できます。

専用方式になったことで、他ユーザーがかけている負荷状況に関係なく、割り当てられたサーバーリソースを自分だけ使うことが出来ます。

また、vCPUコア数とメモリ容量はプランごとに分かれているだけでなく、ベーシックプラン以上にはメモリアップグレードオプションも用意されているため、使用状況に合わせてカスタマイズも可能。

専用化することでサーバーリソースの「計算」ができるようになり、負荷に合わせてプランを選びやすくなります。

サーバー管理を任せることで運用コストをダウン

専用サーバーとして使うならVPSの方がコスパは高いですが、KAGOYA レンタルサーバーが専用化した狙いは「サーバー管理のコストダウン」。

従来のレンタルサーバーと同様に、PHPやDBなどのアプリケーション・アップデートやFirewallなどのセキュリティなどの「サーバーのメンテナンス全般」をKAGOYA側に任せて、管理画面から設定変更するだけにすることで、ユーザー側が行う管理コストを大幅に削減。

WAFも標準搭載されているので、契約した瞬間から全てが揃ったサーバーを契約可能で、しかも運用コストはサーバー管理についてはゼロです。

価格はVPSよりかはやや高いが専用サーバーよりは安い

同じ専用サーバーとしてVPSと比較すると、KAGOYA レンタルサーバーはやや割高に見えますが、割り当てメモリベースで比較すると実は同等価格。物理専用サーバーと比較すると割安です。リソース管理などをサーバー運用のプロであるKAGOYAが行ってくれることを考えると、コスパはかなり良いと言えます。

できることは「Webサーバー(PHP + MySQL) + メールサーバー」で限定的

KAGOYA レンタルサーバーの最大のデメリットは、できることが限定されることでしょう。

リソースを占有したとしても、機能的には従来のレンタルサーバーと同じため、中身は「Webサーバー(PHP + MySQL) + メールサーバー」。SSH機能があるため、自力でインストールすることも出来ますが、価格を考えたらVPSをレンタルした方がコスパが高くなります。

KAGOYA レンタルサーバーは「従来のレンタルサーバーをより強力なサーバーで運用したい」というユーザーのためのサーバーです。

料金プラン一覧

  • ライト 1コア/4GB

    月額
    1,485円
    初期費用
    無料
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    1コア
    メモリ
    4GB
    SSD
    100GB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ライト 2コア/8GB

    月額
    4,950円
    初期費用
    無料
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    2コア
    メモリ
    8GB
    SSD
    300GB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ライト 4コア/16GB

    月額
    9,900円
    初期費用
    無料
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    4コア
    メモリ
    16GB
    SSD
    500GB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ベーシック 4コア/16GB

    月額
    16,335円
    初期費用
    44,000円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    4コア
    メモリ
    16GB
    SSD
    1TB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ベーシック 8コア/16GB

    月額
    25,740円
    初期費用
    99,000円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    8コア
    メモリ
    16GB
    SSD
    1TB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ベーシック 12コア/32GB

    月額
    31,680円
    初期費用
    132,000円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    12コア
    メモリ
    32GB
    SSD
    1TB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • ハイエンド 16コア/32GB

    月額
    39,600円
    初期費用
    165,000円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    16コア
    メモリ
    32GB
    SSD
    1TB
    月間転送量
    無制限
    ドメイン

    サブドメイン
    ドメインごとにnull個
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無料SSL
  • 廃止 S11

    月額
    968円
    初期費用
    無料
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    CPU共用
    メモリ
    メモリ共用
    ストレージ
    100GB
    月間転送量
    3.6TB
    ドメイン
    無制限
    サブドメイン
    無制限
    MySQL
    -
    WordPress
    -
    メールアカウント
    無料SSL
  • 廃止 S21

    月額
    1,936円
    初期費用
    3,630円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    CPU共用
    メモリ
    メモリ共用
    ストレージ
    200GB
    月間転送量
    4.8TB
    ドメイン
    無制限
    サブドメイン
    無制限
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL
  • 廃止 S31

    月額
    2,904円
    初期費用
    3,630円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    CPU共用
    メモリ
    メモリ共用
    ストレージ
    300GB
    月間転送量
    6TB
    ドメイン
    無制限
    サブドメイン
    無制限
    MySQL
    無制限
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL

KAGOYA レンタルサーバーの支払い方法

各支払い方法の請求タイミングや請求タームなどはサービスごとに異なります。契約前に、必ず公式サイトでチェックしてください。

直接払い

使った分のサーバー費用を、都度、直接支払う、ベーシックな支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替

KAGOYA レンタルサーバーのよくある質問

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーの最低利用期間は?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーには最低利用期間の設定はありません。月額プランのみなので、契約した当月分が最低利用期間になります。

参考: https://support.kagoya.jp/kir/faq/index.php?action=artikel&cat=28&id=237&artlang=ja

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーに無料・お試し期間はある?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーには2週間の無料お試し期間が設定されています。

また、契約初月は月額料金が無料になるため、2週間の無料お試し期間が終わるタイミングを月初になるように調整すると、実質1ヶ月半の無料で使用することが可能です。

参考: https://www.kagoya.jp/kir/price/

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーは初期費用がかかる?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーではプランによって初期費用が設定されています。

具体的には、S12プランが初期費用無料、S22プラン、S32プランが3,300円の初期費用です。

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーにバックアップ機能はある?料金は?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーには標準でバックアップ機能「バックアップサービス Lite」が搭載されており、無料でバックアップの作成・復元を利用することが出来ます。

KAGOYAのバックアップサービスは、実行日時を1時間単位でスケジューリングも可能で、管理画面から簡単に復元も出来ます。ただし、バックアップできるデータは1世代のみです。

有料オプションである「バックアップサービス Pro」に加入すると、作成バックアップの世代をストレージ容量が許す限り無制限に登録可能になります。

参考: https://www.kagoya.jp/option/backup-backup-kir/

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーはあとからプラン変更できる?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーはプラン変更に対応していますが、データの移行は手動、もしくは「プラン変更時データ移行機能」というオプション料金を支払う形になるため、プラン変更というよりかは新プランサーバーへの移行に近いでしょう。

ただし、プラン変更を開始してから2週間は移行元のサーバーと移行先のサーバーを並行稼働することが可能なので安心して移行が可能です。

参考: https://www.kagoya.jp/kir/function/#anchor-admin

Q.

KAGOYA 共用レンタルサーバーはWAF(Web Application Firewall)に対応している?

A.

KAGOYA 共用レンタルサーバーにはWAF(Web Application Firewall)が標準搭載されています。

また、攻撃を検知するWAFだけでなく、不正侵入・ 攻撃パターンと合致する通信を検知してブロックするIPS(Intrusion Prevention System)も搭載しているため、2重のセキュリティでより安全なサーバーになっています。

参考: https://www.kagoya.jp/kir/function/#anchor-security

KAGOYA レンタルサーバーの過去のキャンペーン・クーポン

  • キャンペーン

    KAGOYA レンタルサーバーのfavicon KAGOYA レンタルサーバー独自ドメイン取得1個無料

    新規契約

    有効期限:2023.10.16まで

    このキャンペーンは終了しています

KAGOYA レンタルサーバーに関するトピックス