さくらインターネットのサーバー

さくらのレンタルサーバーのイメージ

さくらのレンタルサーバー

レンタルサーバーの最大手・さくらインターネットが手がける共有レンタルサーバー。小規模から大規模までほぼ全てのWebサイトにマッチする充実したプランと、豊富な機能が特徴なサービスです。

公式サイト

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

さくらのレンタルサーバーのキャンペーン・クーポン

クーポン・キャンペーンをご利用時は、必ずサーバー各社の公式サイトにて使用条件をご確認ください。

開催中のクーポン・キャンペーンはありません。

さくらのレンタルサーバーの特徴

最安値100円台ライトプランから日次転送200GBのビジネスプランまで幅広いラインアップ

さくらのレンタルサーバーは、小規模から大規模までほぼ全てのWebサイトを受け入れられるプランラインアップが特徴。まずさくらのレンタルサーバーで検討してみて他のサーバーと比較するというユーザーも多いでしょう。それくらい、守備範囲の広いレンタルサーバーです。

月額費用も同等クラスの他社サーバーと比べてもリーズナブルで、転送量や機能なども十分に用意されています。

レンタルサーバーやVPS運営の老舗としての実績と信頼が◎

さくらのインターネットは、サービスインが1999年と、20年以上のレンタルサーバー運営実績があり、多くのユーザーにファーストチョイスとして選ばれてきた信頼のあるサービスです。

また、高品質であることを最優先に、そこから低価格を目指すサービスなので、さくらのレンタルサーバーも長く安心して使えるレンタルサーバーと言えるでしょう。

長期割引の導入でお得度アップ!

これまでさくらのレンタルサーバーは最長で12ヶ月の長期契約割引のみでしたが、2022年から24ヶ月、36ヶ月の長期契約が新設され、コスパがアップしました。

特に、プレミアムプランは割引率がアップしていて、24ヶ月以上の契約で一月あたりが最安値で800円台になるため、かなりコスパがよくなります。

月額1,000円前後の中規模プランがないが、長期契約をうまく使えば安くなる

守備範囲の広いさくらのレンタルサーバーですが、月額1,000円前後の中規模クラスの選択肢が少ないところが唯一のデメリット。

小〜中規模クラスならスタンダードプランでも十分ですが、スタンダードプランより少し上のプランを選びたいという時に、次の選択肢が月額料金が1,000円以上も高くなるプレミアムプランになってしまいます。

ただ、2022年から新しく導入された24ヶ月、36ヶ月の長期契約を利用すると、プレミアムプランは実質1,000円未満になるので、長期契約をうまく利用してコスパをよくすれば良いでしょう。

料金プラン一覧

  • ライト

    月額
    131円
    初期費用
    1,047円
    最低利用期間
    12ヶ月
    vCPU
    共通
    メモリ
    共通
    SSD
    10GB
    月間転送量
    1.2TB
    ドメイン
    20個
    サブドメイン
    メインと合計
    MySQL
    -
    WordPress
    -
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL
  • スタンダード

    月額
    524円
    初期費用
    1,047円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    共通
    メモリ
    共通
    SSD
    100GB
    月間転送量
    2.4TB
    ドメイン
    100個
    サブドメイン
    メインと合計
    MySQL
    20個
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL
  • プレミアム

    月額
    1,571円
    初期費用
    1,047円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    共通
    メモリ
    共通
    SSD
    200GB
    月間転送量
    3.6TB
    ドメイン
    150個
    サブドメイン
    メインと合計
    MySQL
    50個
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL
  • ビジネス

    月額
    2,618円
    初期費用
    5,238円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    共通
    メモリ
    共通
    SSD
    300GB
    月間転送量
    4.8TB
    ドメイン
    200個
    サブドメイン
    メインと合計
    MySQL
    100個
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL
  • ビジネスプロ

    月額
    4,714円
    初期費用
    5,238円
    最低利用期間
    1ヶ月
    vCPU
    共通
    メモリ
    共通
    SSD
    500GB
    月間転送量
    6TB
    ドメイン
    200個
    サブドメイン
    メインと合計
    MySQL
    200個
    WordPress
    メールアカウント
    無制限
    無料SSL

さくらのレンタルサーバーの支払い方法

各支払い方法の請求タイミングや請求タームなどはサービスごとに異なります。契約前に、必ず公式サイトでチェックしてください。

直接払い

使った分のサーバー費用を、都度、直接支払う、ベーシックな支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 請求書払い

さくらのレンタルサーバーのよくある質問

Q.

さくらのレンタルサーバーは請求書払い、請求書の発行に対応している?

A.

さくらのレンタルサーバーは請求書払い、請求書の発行に対応しています。ただし、「請求書発行手数料(550円)」が必要なのと、支払い方法によって利用上限額が決まっています。

発行された請求書は、銀行振込ではなく、税金などと同じ支払い書が届く形式で、コンビニエンスストアや決済アプリ請求書払い、ゆうちょ銀行払いなどで支払います。

参考: https://help.sakura.ad.jp/purpose_beginner/2515/

Q.

さくらのレンタルサーバーはWAF(Web Application Firewall)に対応している?

A.

さくらのレンタルサーバーには全プランでWAF(Web Application Firewall)が標準搭載されています。サーバー管理画面のWAF設定からサイトごとに設定が可能です。

参考: https://rs.sakura.ad.jp/function/waf/

Q.

さくらのレンタルサーバーに無料・お試し期間はある?

A.

さくらのレンタルサーバーでは、サーバーの支払い方法をクレジットカードにした場合のみ、2週間の無料お試し期間が設定されます。お試し期間中に終了までに支払い処理をしないと、自動的にキャンセルになります。

参考: https://faq.sakura.ad.jp/s/article/000001231

Q.

さくらのレンタルサーバーの最低利用期間は?

A.

さくらのレンタルサーバーでは、ライトプランが12ヶ月(12ヶ月払いのみのプランのため)、その他のプランは3ヶ月の最低利用期間が設定されています。

参考: https://faq.sakura.ad.jp/s/article/000001230

Q.

さくらのレンタルサーバーはプラン変更できる?

A.

さくらのレンタルサーバーは、アップグレード、ダウングレードともにプラン変更が出来ません。

さくらインターネットによると、「プランごとに収容サーバーが異なるため」としています。

さくらのレンタルサーバは、プランごとに収容サーバーが異なるため、プラン変更には現在対応できておりません。 別のプランを新規にお申込みいただき、データ等を移行していただく必要がございます。 > 乗り換え先のサーバーへの料金の振り替えは行っておりませんので、ご了承ください。

参考: https://help.sakura.ad.jp/rs/2248/

Q.

さくらレンタルサーバー初期費用は初期費用がかかる?

A.

さくらレンタルサーバー初期費用は全プランで初期費用が設定されています。

ライト、スタンダード、プレミアムが1,047円で、ビジネス、ビジネスプロが5,238円です。

さくらのレンタルサーバーに関するトピックス

さくらインターネットの他のサーバー