【2024年版】間を取ったスペック!「vCPU・5コア」のVPSサービスを徹底比較!どれがベスト?

【2024年版】間を取ったスペック!「vCPU・5コア」のVPSサービスを徹底比較!どれがベスト?

4コアプランと6コアプランの中間に当たる5コアプラン。「4コアプランからちょっとだけアップグレードしたい」というユーザーのために、2024年版の最新情報をもとに、コスト、性能、機能など、複数側面から評価し、ベストなサービス・プランを紹介します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.9.25

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

「vCPU・5コア」のVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • 価格が高いが「14日無料お試し」がある
  • 価格が圧倒的に高いため、選びづらい
5コア6GB100GB
¥4,937 〜
初期費用: ¥0

「vCPU・5コア」ってどんなスペック?

VPSにおいては、下位プランではコア数は1つずつ増えていくのが通常ですが、4コアプランから2個ずつコア数が増え、それに伴い料金も倍になることが通常。

vCPU・5コアのプランは、4コアプランと6コアプランの中間スペックで、「一気にアップグレードしたくない」というユーザーのためのプランと言えます。

処理性能的には4コアプランから、コア数を1つ増やして、メモリを少し増やした程度のプランです。

「vCPU・5コア」のVPSの比較ポイント

  1. 長期利用も含めた料金

    長く使うことも多いため、長期利用割引も含めた最安値で探すとコスパが高くなります

  2. ローカルネットワークが可能か

    ローカルネットワーク接続で複数台構成ができるとコストを最低限にできます

今回、当サイト独自データベースに収録しているVPSで比較した時点では、5コアのVPSプランはGMOクラウドVPSのみ。つまり、同等スペックでの比較ができないため、6コアプランとも比較をしました。

6コアプランよりスペックが劣る5コアプランで料金のコスパが悪くないか、「4コアプラン + 1コアプラン」のように、ローカル接続で複数台構成にすることで、仮想的に5コアにできるかで比較しています。

ベスト「vCPU・5コア」VPSサービス

価格・バランスでベストなVPS

価格・バランスがベストConoHa VPS 8GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF 新緑キャンペーン(有効期限:2024.6.6まで)

最安料金
¥1,883
ローカルネットワーク接続の可否

なぜこのプランがベスト?

コスパ的にベストなのは、圧倒的な長期割引が人気のConoHa VPSの8GBプラン。5コアプランよりもコア数もメモリも多い、6コア・8GBメモリで、月額料金は長期契約時に2,000円未満。5コアプランの最安値の半額以下という状況で、ちょっと勝負にならない形になっています。

機能的にも、プランアップグレード、ローカルネットワークにも対応しているため、6コアプランではなく、「4コアプラン + 1コアプラン」という使い方もでき、自由度が高いのもメリットです。

メリット・デメリット

メリット
  • 長期利用割引で競合を圧倒する低価格
  • 6コア・8GBプランで、競合の5コアプランより安い
  • プランアップグレード、ローカルネットワーク両方に対応
デメリット
  • 単月契約はやや高め

このガイドで紹介したVPS

  • GMOクラウド VPSのイメージ

    GMOクラウド VPS

    サーバー管理ツール「Plesk」を搭載しサーバー管理がしやすいVPSサービス「GMOクラウド VPS」。初期費用無料で、14日無料お試しが出来るなど、初めての方でも手軽にスタートできるVPSです。

    もっと詳しく公式サイト

vCPUコア数から選ぶ

VPSの性能指標の一つであるvCPUコア数は、サーバーにどれくらいの処理能力があるかを決めり、コア数ごとに使用用途も変わるため、最適なコア数を選ぶのが重要です。

メモリ容量から選ぶ

VPSのメモリ容量は、使い方によってはvCPUコア数よりも重要なスペックです。用途によって必要なメモリ容量が異なり、メモリ容量が大きいほどVPSサーバーが高速動作させることも可能になります。