【2024年版】意外と使えるのに低価格!「1GBメモリ」のVPSサービスを徹底比較!ベストはこれだ!

【2024年版】意外と使えるのに低価格!「1GBメモリ」のVPSサービスを徹底比較!ベストはこれだ!

初心者から小規模サイトに最適な「1GBメモリ」のVPSサービスを、2024年版の最新情報をもとに、コスト、性能、機能など、複数側面から評価し、ベストなサービス・プランを紹介します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.9.22

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

「1GBメモリ」のVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • 業界最安値クラスの低価格で圧倒的にコスパが高い
  • vCPUコア数が1コアと少ない
1コア1GB20GB
¥450
初期費用: ¥0
  • 最安値ではないが十分な低価格と機能のバランスが良くコスパ最強
  • クラウドに近い機能がある
1コア1GB25GB
¥550
初期費用: ¥0
  • 機能と価格のバランスが優秀
  • クラウドに近い機能に豊富なOS・アプリテンプレート
2コア1GB100GB
¥763
初期費用: ¥0
  • 長期運営実績のある信頼性の高いサービス
  • 最低利用期間が3ヶ月の縛りが厳しい
2コア1GB50GB
¥880
初期費用: ¥0
  • 長期運営実績のある信頼性の高いサービス
  • 最低利用期間が3ヶ月の縛りが厳しい
2コア1GB50GB
¥935
初期費用: ¥0
  • 最低利用期間3ヶ月
  • 長期利用割引が大きくない
2コア1GB100GB
¥985
初期費用: ¥0
  • 長期運営実績のある信頼性の高いサービス
  • 最低利用期間が3ヶ月の縛りが厳しい
2コア1GB50GB
¥990
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • 3ヶ月の最低利用期間がある
2コア1GB100GB
¥1,150
初期費用: ¥0
  • 価格が高いが「14日無料お試し」がある
  • プランのバリエーションが豊富
2コア1GB50GB
¥1,307
初期費用: ¥0

「1GBメモリ」ってどんなスペック?

「1GBメモリ」というのは、物理サーバーが搭載している合計物理メモリ(RAM)のうち、契約するVPSに割り振られるメモリ容量が「1GB」という意味です。

VPSサーバーの処理能力は割り当てられるvCPUのコア数で決まりますが、メモリに関しては「処理できる量」に影響します。例えば、同じvCPUコア数なら、1GBメモリのVPSサーバーよりも4GBメモリのVPSサーバーの方が多くの処理が可能です。

コンピューターのメモリでいえば、最近のPCは最低でも4GB、スマホはハイエンドモデルなら8GB以上のメモリを搭載していることも多く、1GBメモリというのはコンピューターにおいては「とりあえず動かすための最低限のメモリ容量」というイメージ。

また、サーバーではOS自体がメモリを食うため、1GBという限られたメモリ容量の場合、OSが消費するメモリについても考慮が必要です。例えば、OSが起動しているだけで600MBほど消費する場合、ユーザーが使えるメモリは400MBほどしかないことになります。

「1GBメモリ」のVPSの比較ポイント

  1. 単月契約の料金

    長期契約ではなく、単月のプラン料金が安いか?

  2. vCPUコア数

    メモリが少ないのであれば、処理をなるべく速くしてメモリを解放させるのが重要です

  3. プランアップグレードの可否

    一度契約したプランをアップグレード可能か?

「1GBメモリ」のVPSは、そのまま使い続けるというよりかは「とりあえず使ってみる」ことが多く、すぐに解約するかも可能性もあるため「単月契約」かつ「プランアップグレードは可能」なものを選ぶのがベスト。

また、1GBメモリの場合、一つの処理(プロセス)に時間がかるとプロセスがメモリを保持する時間も長くなり、結果としてサーバー全体に負荷がかかってしまうため、なるべくvCPUコア数が多いプランを選ぶべきです。

ベスト「1GBメモリ」VPSサービス

バランスで選ぶならこのVPS

バランスがベストConoHa VPS 1GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF 新緑キャンペーン(有効期限:2024.6.6まで)

単月契約の料金
¥763
vCPUコア数
2コア
プランアップグレードの可否

なぜこのプランがベスト?

メモリ1GBにvCPU・2コアと、少ないメモリ容量でも設定次第でしっかりと安定動作が可能なスペック、そして単月でもしっかり安く、長期利用でさらにお得に出来るという契約選択肢の広さ、契約後にプランアップグレードにも対応と、とにかく隙が少ないプラン。

OSだけでなくアプリケーションイメージも豊富なため、VPS初心でも使いやすく、中級者以上ならAPIを使って複数VPSを連携させたりと、クラウドに近い使い方も可能です。

メリット・デメリット

メリット
  • vCPUコア数が2コア
  • 単月契約で十分に安いが、キャンペーン時に長期利用契約でさらに安い
  • 1時間単位の課金もあるため、手軽にお試しが出来る
デメリット
  • メモリ1GB・VPSの単月料金としては最安値ではない

コスパで選ぶならこのVPS

コスパがベストKAGOYAクラウド VPS 1コア/1GB/25GBプラン

公式サイト

KAGOYAクラウド VPSのイメージ

公式サイト

単月契約の料金
¥550
vCPUコア数
1コア
プランアップグレードの可否

なぜこのプランがベスト?

メモリ1GBにvCPU・1コアで単月契約で500円台という衝撃的なコスパのプラン。

機能的にもクラウドサーバーに近い拡張性があり、プランアップグレードにも対応。カゴヤはサーバーの安定性にも定評があるプロバイダーなので、この価格帯で安心して使うことが出来るVPSサーバーというのは類を見ません。

vCPUコア数が1コアというところがやや心配ですが、重めの処理を入れなければ、工夫次第でWebサーバーの安定運用も可能でしょう。

メリット・デメリット

メリット
  • 単月契約でワンコインで非常に安い
  • プランアップグレードを含め、クラウドに近い機能がある
デメリット
  • vCPUコア数が1コア

価格から選ぶならこのVPS

価格がベストWebARENA Indigo 1GBプラン

公式サイト

WebARENA Indigoのイメージ

公式サイト

キャンペーン

新規申し込みで1年間40%OFFクーポン(有効期限:2024.9.30まで)

単月契約の料金
¥449
vCPUコア数
1コア
プランアップグレードの可否
x

なぜこのプランがベスト?

メモリ1GBにvCPU・1コアで単月契約で400円台と、VPS業界最安値クラスの低価格を誇るIndigoのエントリープラン。

中規模以上のWebサーバーとして使うには処理能力不足を否めないですが、小規模のサイトやちょっとしたアプリケーションサーバー、バッチサーバーとして使う分には価格の安さが大きな強みになります。

また、プランアップグレードがワンクリックで出来ず、既存サーバーのスナップショットを取って、スナップショットからサーバーを複製するという方法でのみになっているのがやや手間なのがデメリットでしょうか。

メリット・デメリット

メリット
  • 単月契約で500円未満とVPS業界最安値クラス
デメリット
  • vCPUコア数が1コア
  • プランアップグレードがスナップショットからの複製のみ

信頼性から選ぶならこのVPS

信頼性がベストさくらのVPS 1GBプラン

公式サイト

さくらのVPSのイメージ

公式サイト

単月契約の料金
¥880
vCPUコア数
1コア
プランアップグレードの可否
⚪︎

なぜこのプランがベスト?

「VPSといえばさくら」と言われるくらい定番中の定番のVPS。

2コア・1GBメモリの実用的なスペックですが、その分価格が高くなってしまい、最安値のWebARENA Indigoのほぼ倍の値段になってしまいのがネック。また、最低利用期間が3ヶ月という縛りがあるのも、低価格プランを選ぶ際にはデメリットになります。

ただ、クラウドに近い拡張性とプランアップグレードに対応していることを考えると、「長期間、安心して使うことが出来るVPS」と言えます。

メリット・デメリット

メリット
  • 長年の運営実績で、信頼性が高い
  • vCPUコア数が2コア
デメリット
  • 価格が高い
  • 最低利用期間が3ヶ月の設定がある

「1GBメモリ」のVPSのよくある質問

Q.

1GBメモリのVPSで記事数100本のWordPressサイトを高速表示させることはできますか?

A.

1GBメモリのVPSを使用して記事数100本のWordPressサイトを高速表示させることは、一般的には難しいでしょう。

ただし、以下の施策を行うことで、場合によっては高速表示が可能な場合もあります。

  1. メモリやデータベースの最適化 1. 静的ファイルのCDNへの配置による負荷分散 1. ページの静的ファイル化 1. 軽量なテーマの採用

どれも確実に高速化が出来るというわけではありませんが、1時間単位でレンタル可能なVPSなどを利用してテストをしてみる価値はあります。

Q.

1GBメモリのVPSでWebサイトを運営する場合は、処理できる月間UU数はどれくらいですか?

A.

1GBメモリのVPSでWebサイトを運営する場合、処理できる月間のユニークユーザー数(UU数)は、軽量化やメモリの最適化をした上で一般的に数千から数万人程度でしょう。

メモリが1GBと制約があり、OSが占有するメモリの割合が50%近くなることを考慮すると、トラフィックが増加するとサーバーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。また、突発的なアクセス増があった場合は、最悪サーバーがフリーズしてしまう可能性もあります。

ある程度のアクセスがあるWebサイトの安定運用したいのであれば、2GBメモリのVPSを検討しましょう。数百円のコストが上がってしまいますが、OS占有以外のメモリ容量が1GB以上になるため、同じアクセス数であれば圧倒的に安定し、高速表示も可能になります。

Q.

1GBメモリのVPSでDockerを安定して動作させることは可能ですか?

A.

1GBメモリのVPSでDocker動作させる際に、安定させることができるかどうかは使用するアプリケーションに依存します。使用するメモリ容量が少ないアプリケーションを1、2コンテナであれば安定して使うことができることもあるでしょう。

一方で、1GBメモリのVPSの場合OS占有以外のメモリは500MBちょっとくらいが多いため、SWAPを含めたとしてもアプリケーションが使用するメモリが1GBを超えるような場合は不安定になりますし、複数のコンテナを同時起動するとサーバー全体が不安定になり、最悪フリーズする可能性もあります。

このガイドで紹介したVPS

  • ConoHa VPSのイメージ

    ConoHa VPS

    「時間料金」「豊富なテンプレート簡単立ち上げ」など、他社サービスに先行してVPSをより使いやすくしたVPSサービス「Conoha VPS」。登録アカウント数が55万人を突破し、名実共に国内VPSベンダーの中でも人気上位VPSとなっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • GMOクラウド VPSのイメージ

    GMOクラウド VPS

    サーバー管理ツール「Plesk」を搭載しサーバー管理がしやすいVPSサービス「GMOクラウド VPS」。初期費用無料で、14日無料お試しが出来るなど、初めての方でも手軽にスタートできるVPSです。

    もっと詳しく公式サイト

  • KAGOYAクラウド VPSのイメージ

    KAGOYAクラウド VPS

    国内大手サーバーベンダーのカゴヤが手がけるVPSサーバー「KAGOYAクラウド VPS」。月額550円のハイコスパプランから12コアvCPUのハイスペックプランまであり、拡張性も高いことからライトユースから本格利用まで幅広く対応できます。

    もっと詳しく公式サイト

  • お名前.com VPSのイメージ

    お名前.com VPS

    ドメイン登録サービス・お名前.comが運営するVPS。「ドメイン登録時に一緒に契約するVPS」というイメージがありますが、玄人好みの機能があったり、企業ユースに優しい支払い方法があったりと、実は使い勝手の良いVPSです。

    もっと詳しく公式サイト

  • さくらのVPSのイメージ

    さくらのVPS

    人気定番サーバー事業者・さくらインターネットのVPSサービス。月額500円台から、最大32GBメモリのハイスペックサーバーまで幅広いプランに対応します。

    もっと詳しく公式サイト

  • シン・VPSのイメージ

    シン・VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「シン・VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト

  • WebARENA Indigoのイメージ

    WebARENA Indigo

    国内の大手サーバーベンダーであるNTTPCコミュニケーションズが手がけるVPSサービス。VPSサーバーとして必要な機能に絞り込むことで、国内最安値クラスの料金を実現しつつ、安定して使いやすいVPSサーバーになっています。

    もっと詳しく公式サイト

メモリ容量から選ぶ

VPSのメモリ容量は、使い方によってはvCPUコア数よりも重要なスペックです。用途によって必要なメモリ容量が異なり、メモリ容量が大きいほどVPSサーバーが高速動作させることも可能になります。

vCPUコア数から選ぶ

VPSの性能指標の一つであるvCPUコア数は、サーバーにどれくらいの処理能力があるかを決めり、コア数ごとに使用用途も変わるため、最適なコア数を選ぶのが重要です。