【2024年版】VPSサービスの主戦場!「vCPU・3コア」のVPSサービスを徹底比較!どれがベスト?

【2024年版】VPSサービスの主戦場!「vCPU・3コア」のVPSサービスを徹底比較!どれがベスト?

「VPSサービスの主戦場」とも言える、3コアvCPUプラン。スペックが横並びな分、他の部分をどう評価するかで選び方が変わるVPSです。そこで、2024年版の最新情報をもとに、コスト、性能、機能など、複数側面から評価し、ベストなサービス・プランを紹介します。

更新日: 2024.1.25公開日: 2023.9.22

編集ノート: SERVERSUSでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

「vCPU・3コア」のVPS プラン一覧

本ガイドは、以下のサービスを比較・検証し、おすすめを作成しています。各プランの価格は、現在のキャンペーンやクーポンを適用する前の価格です。

VPS・プラン
比較ポイント
スペック
月額料金
開催中のキャンペーン
  • AMD最新サーバー収容で競合の4倍高速
  • ローカルネットワークに非対応
3コア2GB50GB
¥831 〜
初期費用: ¥0
  • キャンペーン時に長期利用契約で圧倒的安さ
  • クラウドに近い機能で、長期利用前提でも対処方法が豊富
3コア2GB100GB
¥903 〜
初期費用: ¥0
  • 単月契約では最安値
  • クラウドに近い機能があり、単月で安いため柔軟な対応が可能
3コア2GB30GB
¥979 〜
初期費用: ¥0
  • ストレージ増強プラン
  • 100円ちょっとでストレージ増量できるためコスパは良い
3コア2GB50GB
¥1,100 〜
初期費用: ¥0
  • ストレージが200GBでGB単価が安い
  • ストレージ重視ならコスパは高い
3コア2GB200GB
¥1,209 〜
初期費用: ¥0
  • 最新のハイスペックサーバーで競合の4倍高速
  • ローカルネットワークに非対応
3コア2GB150GB
¥1,530 〜
初期費用: ¥0
  • 長い運営実績で安定と信頼のVPS
  • 長期利用も含めても価格がやや高い
3コア2GB100GB
¥1,593 〜
初期費用: ¥0
  • 価格が高いが「14日無料お試し」がある
  • 価格が圧倒的に高いため、選びづらい
3コア2GB100GB
¥1,791 〜
初期費用: ¥0

「vCPU・3コア」ってどんなスペック?

vCPU・3コアというのは、物理サーバーが搭載しているCPUのコア数のうち、契約するVPSに割り振られるコア数が「3つ」という意味です。

サーバーのCPU能力は「1コアあたりの処理能力 x コア数」で測られ、VPSサーバーにおいて3コアは中小規模のWebサイトを安定して高速動作させることが可能なスペックです。

各VPSサービスにとって、初心者から中級者まで使うボリュームゾーンプランなので、月額料金もそこまで高くなく、実は選びやすい、万能なVPSです。

「vCPU・3コア」のVPSの比較ポイント

  1. 長期利用も含めた料金

    長く使うことも多いため、長期利用割引も含めた最安値で探すとコスパが高くなります

  2. プランアップグレードの可否

    使い方の変化に合わせてプランアップグレード出来る方が長期利用も可能でコスパが高くなります

  3. ローカルネットワーク接続の可否

    複数台VPSをローカルネットワークで接続できると、低価格プランを複数台連携させてコスパが高くなります

本来であれば、VPSは「vCPUコア数」と「メモリ容量」の二つが一番大きな指標ですが、vCPU・3コアのVPSは、どのサービスもメモリは2GBで横並び。つまり、メモリの点ではどこを選んでも同じなため、比較対象になりません。

そうなると重要になるのは、「料金」と「機能」。

料金については、3コア・2GBのVPSなら1年、2年と長期的に使うことも多いため、長期利用割引も含めた料金が重要です。また、コスパの面で考えると、プランアップグレードが可能か、低価格プランVPS同士でローカルネットワーク接続をして複数台構成に出来るかも重要なポイントでしょう。

「vCPU・3コア」のVPSは、ある意味、各VPSサービスのコスパや機能が丸裸になってしまうスペックとも言えます。

ベスト「vCPU・3コア」VPSサービス

価格・バランスでベストなVPS

価格・バランスがベストConoHa VPS 2GBプラン

公式サイト

ConoHa VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大72%OFF 新緑キャンペーン(有効期限:2024.6.6まで)

最安料金
¥484
プランアップグレードの可否
ローカルネットワーク接続の可否

なぜこのプランがベスト?

キャンペーンと独自の長期利用割引「まとめトク(旧VPS割引きっぷ)」を組み合わせることで圧倒的な最安値を実現しているのがConoHa VPS。キャンペーンによっては、同じConoHa VPSの1GBプランよりも安くなることもあるほど、コスパの高いプランです。

機能的にもクラウドに近く、ローカルネットワーク接続にも対応しているため、柔軟な対応が可能。仮に、「まとめトク(旧VPS割引きっぷ)」を適用していても差額を払えばアップグレードも可能なので、3コアVPSならConoHa VPSを選ばない理由は見当たりません。

メリット・デメリット

メリット
  • キャンペーン時に長期利用契約競合を圧倒する低価格
  • プランアップグレード、ローカルネットワーク両方に対応
  • 機能的にクラウドに近い
デメリット
  • 単月契約はやや高め

性能とコスパから選ぶならこのVPS

性能とコスパがベストXserver VPS 2GBプラン

公式サイト

Xserver VPSのイメージ

公式サイト

キャンペーン

最大30%キャッシュバックキャンペーン(有効期限:2024.6.3まで)

最安料金
¥830
プランアップグレードの可否
ローカルネットワーク接続の可否
x

なぜこのプランがベスト?

VPSとしては後発となるエックスサーバーの「Xserver VPS」のエントリープラン。

価格的には最安値ではないですが、VPSサービスを収容している物理サーバーが、AMDの最新サーバーとなっているため、競合VPSサービスの4倍の処理能力があるとされ(エックスサーバー調べ)、その点を考慮すると、実は8コア、10コアクラスの処理能力があります。

高い処理能力を考えると実はコスパが高く、ベストな3コアVPSに思えますが、ネックはローカルネットワーク接続が出来ない点。

サーバーを強化するには、プランアップグレードをしていく必要があり、どんどんコストが上がっていってしまうという点がネックでしょう。

ただ、3コア、4コアあたりのプランで十分な使い方であれば、実は最もコスパが高いVPSです。

メリット・デメリット

メリット
  • 最新のAMDサーバー収容で競合の4倍高速
  • 長期利用で十分に安い
デメリット
  • ローカルネットワークに非対応

ストレージ重視で選ぶならこのVPS

ストレージのGB単価がベストお名前.com VPS 2GBプラン

公式サイト

お名前.com VPSのイメージ

公式サイト

最安料金
¥1,208
プランアップグレードの可否
x
ローカルネットワーク接続の可否
x

なぜこのプランがベスト?

お名前.com VPSのエントリーグレードプラン。ストレージが200GBと大容量で、GB単価が5円程度と非常に安く、自社クラウドストレージのスタートアッププランにも最適です。

単体VPSとしてみても、値段は安い方の部類に入るため、サーバーの負荷は変わらないけど、将来的にストレージ容量が必要になる見込みがあるなら、ファーストチョイスのVPSです。

メリット・デメリット

メリット
  • ストレージが200GBと大きくGB単価が安い
  • 玄人好みの詳細設定
デメリット
  • プランアップグレード、ローカルネットワークに非対応

「vCPU・3コア」のVPSのよくある質問

Q.

vCPU・3コアのVPSでWebサイトを運営する場合は、処理できる月間UU数はどれくらいですか?

A.

vCPU・3コアのVPSでWebサイトを運営する場合、確実に処理できる月間UUは10,000〜20,000程度と言われます。ただし、これはサイト構成や動的コンテンツかどうかでも大きく変わります。

メモリ使用量を最適化した軽量な動的サイトであれば、3コアの処理性能自体は高いため、月間10万UUを超えるサイトを運営することも可能ですし、静的コンテンツのみのサイトであれば、月間100万UU程度処理できることがあります。

逆に、最適化が出来ていないサイトの場合、処理能力があってもメモリがボトムネックになってしまい、月間1万UU程度で動作が重くなってVPSサーバーがフリーズしてしまったり、表示までに非常に時間がかかるケースも出てきます。

自身でアプリケーションやサーバーの最適化ができない場合は、4コアや6コアなどの処理能力が高くメモリ容量が多いプランにした方が簡単で確実です。

Q.

vCPU・3コアのVPSで記事数100本のWordPressサイトを高速表示させることはできますか?

A.

記事数100本程度のWordPressサイトであれば、データベースへの負荷もそこまで大きくないため、vCPU・3コアという点だけを見ればスペック的には足りているように思えます。

ただ、3コアプランの多くが割り当てメモリ容量が2GBと、あまり多くないため、メモリを大量に消費するWordPressサイトとなると、月間5万UUクラスが安定ライン、月間10万UUクラスだと厳しいというイメージでしょう。

また、WordPressは1アクセスあたりのメモリ確保量が多いため、急激なアクセス増が起こった際には、2GBメモリではメモリリークが起こり、サーバーがフリーズする可能性があることも覚えておくべきでしょう。

このガイドで紹介したVPS

  • ConoHa VPSのイメージ

    ConoHa VPS

    「時間料金」「豊富なテンプレート簡単立ち上げ」など、他社サービスに先行してVPSをより使いやすくしたVPSサービス「Conoha VPS」。登録アカウント数が55万人を突破し、名実共に国内VPSベンダーの中でも人気上位VPSとなっています。

    もっと詳しく公式サイト

  • GMOクラウド VPSのイメージ

    GMOクラウド VPS

    サーバー管理ツール「Plesk」を搭載しサーバー管理がしやすいVPSサービス「GMOクラウド VPS」。初期費用無料で、14日無料お試しが出来るなど、初めての方でも手軽にスタートできるVPSです。

    もっと詳しく公式サイト

  • KAGOYAクラウド VPSのイメージ

    KAGOYAクラウド VPS

    国内大手サーバーベンダーのカゴヤが手がけるVPSサーバー「KAGOYAクラウド VPS」。月額550円のハイコスパプランから12コアvCPUのハイスペックプランまであり、拡張性も高いことからライトユースから本格利用まで幅広く対応できます。

    もっと詳しく公式サイト

  • お名前.com VPSのイメージ

    お名前.com VPS

    ドメイン登録サービス・お名前.comが運営するVPS。「ドメイン登録時に一緒に契約するVPS」というイメージがありますが、玄人好みの機能があったり、企業ユースに優しい支払い方法があったりと、実は使い勝手の良いVPSです。

    もっと詳しく公式サイト

  • さくらのVPSのイメージ

    さくらのVPS

    人気定番サーバー事業者・さくらインターネットのVPSサービス。月額500円台から、最大32GBメモリのハイスペックサーバーまで幅広いプランに対応します。

    もっと詳しく公式サイト

  • シン・VPSのイメージ

    シン・VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「シン・VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト

  • Xserver VPSのイメージ

    Xserver VPS

    国内人気レンタルサーバー事業者エックスサーバーが手がけるVPSサービス「Xserver VPS」。後発サービスならではの、豊富な機能とハイスペックなサーバーが魅力です。

    もっと詳しく公式サイト

vCPUコア数から選ぶ

VPSの性能指標の一つであるvCPUコア数は、サーバーにどれくらいの処理能力があるかを決めり、コア数ごとに使用用途も変わるため、最適なコア数を選ぶのが重要です。

メモリ容量から選ぶ

VPSのメモリ容量は、使い方によってはvCPUコア数よりも重要なスペックです。用途によって必要なメモリ容量が異なり、メモリ容量が大きいほどVPSサーバーが高速動作させることも可能になります。